イタリアで盛んなF1グランプリへゴー!ツアーを利用するのがベスト
ロゴ

F1グランプリを楽しむ為の極意!イタリアの名所も回ろう

様々な国でF1が毎年開催されている

F1グランプリは、毎年様々な国で開催されています。現在では一国一開催が当たり前になっていますが、過去には一つの国で複数のグランプリが行われたこともありました。昔に比べれば年間の開催数は増えていて、現在では二十程度の国で、年間二十戦ほどが行われています。

観戦ツアーの人気プラン・ベスト3

no.1

イタリアの世界遺産を回るプラン

レース観戦以外の時間も有効に使えるプランが、イタリアGP観戦ツアーでは人気です。イタリアには数多くの世界遺産があるので、レースが始まる前や終わった後に、それらを見に行くわけです。F1観戦のついでにイタリアの名所を回ることができれば、まさに一石二鳥です。せっかくイタリアに来たからには、観光名所はおさえておくべきでしょう。

no.2

決勝のみを観戦する弾丸ツアーも人気

一般的なツアーは、金曜日から日曜日までの三日間の観戦チケットが付いてきます。F1グランプリは三日かけて行われるので当然でしょう。ただ、時間がない人や予算がない人たちのために、決勝のみを観戦することのできるプランも用意されています。現地滞在時間を極力短くする弾丸ツアーも、まとまった休みが取れない人たちには人気があります。

no.3

自由度の高いプランは人気になりがち

サーキットのどの位置で観戦をするかは重要な問題です。そのため、スタンド位置を自分で選択できるプランも人気があります。サーキットによっては自由席を選択できることもあり、予算が少ない人たちにはよく利用されています。無料の自由席から五万円を越える有料席まで、F1観戦は選択肢の幅が広めです。

イタリアで盛んなF1グランプリへゴー!ツアーを利用するのがベスト

フォーミュラカー

テレビとは全く違う迫力に感動

F1ファンは日本やイタリアなど世界中にいますから、そうした人たちに向けてグランプリレースもテレビ放送はされます。しかし、現場でしか味わえない感動があるのも確かです。F1マシンが発するエンジン音や走行音は、耳よりも体で感じる部分の方が多いのです。現場に行けば、映像では分からない真の迫力を体感することができ、よりF1を深く楽しむことができます。

ネット上で簡単にお見積りが可能

イタリアで現地観戦をするならツアーを検討しましょう。F1観戦ツアーの見積もりは、ネット上だけでも完結します。そもそも基本的な料金プランは公開されていますから、自分で計算をすればいくらになるかも大体分かります。また、オンラインで見積もりを依頼することも可能なので、何も店頭に行かなければいけないわけではありません。見積もりだけではなく申し込みまで最近はオンラインでできるようになっています。

急ぎならメールではなく電話でお問い合わせ

最近はほとんどのツアー会社がオンラインで相談に乗ってくれます。メールで問い合わせることもできて便利なのですが、メールだとどうしても返信が来るまでに時間がかかります。急ぎの場合には電話で問い合わせをするのがいいでしょう。電話なら、すぐに回答をもらうことができますし、出発が差し迫っているときにも間に合う可能性が出てきます。

過去のF1結果もサイトを見れば一目で丸わかり

初心者の人は、観戦前に過去のF1の歴史を紐解いてみるといいでしょう。過去のF1レースの結果は、各種サイトを見れば一発で分かります。どういったレース展開になったのかを解説しているサイトもありますし、当時の映像を動画で見ることができるサイトもあります。事前に歴史を勉強しておくと、当日に至るまでの各チームの流れなども把握でき、より楽しく観戦ができます。

ツアー申し込みから日本を出発するまでの流れ

まずは正式に契約をする必要がある

ツアーの契約が完了するまでには、いくつかの手続きが必要になります。問い合わせをしてツアー内容を確認する必要もありますし、希望を相手方に伝えて、ホテルの部屋や観戦席が確保できるかどうかを調べてもらわなければいけません。何度がやり取りを交わして、正式な契約に至ります。

支払いを済ませなければキャンセル扱いになることも

多くのツアー会社が、料金の前払い制度を採用しています。出発までに支払いが済んでいないと、当日行ってもキャンセル扱いになることがあります。支払い方法は銀行振込やクレジットカード払いが基本ですから、時間はかかりません。早めに支払いは済ませておきましょう。

空港に集合をしていざ出発

正式に契約が確定して、料金の支払いも済めば、当日空港に集合をして飛行機に乗ることになります。集合時間は出発時間よりも数時間早く設定されているので注意しましょう。ツアーによっては空港からツアーコンダクターが付くこともありますが、現地に行かなければ付かないパターンも少なくはありません。

広告募集中